読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

「第6回 さようなら原発1000人集会~福島事故は、終わらない 帰還政策は、なんのため?~(10/8伊丹市)」アーカイブ動画を視聴する

原発 講演
 今晩(2016年10月9日)配信した「メルマガ金原No.2594」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
「第6回 さようなら原発1000人集会~福島事故は、終わらない 帰還政策は、なんのため?~(10/8伊丹市)」アーカイブ動画を視聴する

 昨晩、といっても真夜中ですが、自分のブログ更新情報をFacebookにアップしたついでに、タイムラインに流れる「友達」発信の情報を流し読みしていたところ、花田惠子さんの投稿が目にとまり、一読しました。
 それは、私も気になっていた「第6回 さようなら原発1000人集会」(於:兵庫県伊丹市いたみホール」)に参加したという写真付きの報告でした。
 「気になっていた」というのは、基調講演が海渡雄一弁護士、報告者(ゲスト)が宇野朗子(うのさえこ)さんと福島みずほ参議院議員というのですから、(たとえ有料でも)都合がつけば聴いてみたいと思うでしょう?
 海渡雄一福島みずほご夫妻がともに参加・発言する企画って、ありそうで、めったにないような気がするんだけど。
 集会の動画が公表されていないだろうかと考え、開催地が兵庫県なので、「IWJ兵庫が中継してアーカイブをアップしてくれているのではないか?」と期待してアクセスしたところ、期待通りでした。大変ありがたいことです。
 動画は3本に分かれていますが、一番大事な音声レベルは非常にクリアで聴き取りやすいです。海渡さん、宇野さん、福島さんが、お三方とも滑舌が良く、もともと聴き取りやすいお話をされているということともあいまって、動画で集会を追体験するための条件はしっかりと整っています。
 同じ空気を吸うことによる共時体験は、さすがに現場に身を置くしかありませんが、それでも、講師、報告者のお話に耳を傾け、共に考えるための素材は十分に提供されています。あとは、それは私たちが有効に活用できるかどうかです。
 以下に、IWJ兵庫のアーカイブをご紹介します。
 
アーカイブ動画1本目
1分~ 主催者挨拶 山崎昌子さん(さようなら原発1000人集会実行委員会委員・呼びかけ人)
6分~ 海渡雄一さん(弁護士) 講演
※注 プログラムに掲載された講演の演題は「福島原発事故の原因・被害と脱原発訴訟の課題と展望」というものであり、講演冒頭で海渡さん自身が言われているとおり、非常に盛り沢山な80分間の講演です。演題には含まれていませんが、主催者のリクエストにより、最後の部分で「共謀罪」についても話をされているのですから。ちなみに、海渡さんは伊丹市の出身だそうです。
 
アーカイブ動画2
冒頭~ 宇野朗子(うのさえこ)さん(福島市から関西に避難) 報告
※注 自らの避難体験の報告と「避難の権利」を求める理由を訴えられました。「避難の権利」を求める全国避難者の会共同代表。
 
アーカイブ動画3
冒頭~ 宇野朗子(うのさえこ)さん 報告(続き)
6分~ 福島みずほさん(参議院議員、弁護士) 報告
辺野古・高江、憲法「改正」、TPPなど。ところで、福島さん、かつての対談相手・内田樹先生が館長をされている凱風館は、空手道場ではなくて合気道道場ですよ。
33分~ 閉会挨拶 中川慶子さん(さようなら原発1000人集会実行委員会委員・呼びかけ人)
 

(付録)
『ラブソング・フォー・ユー
』 作詞・作曲・演奏:ヒポポ大王