読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakaben6888のブログ

憲法を大事にし、音楽を愛し、原発を無くしたいと願う多くの人と繋がれるブログを目指します

NHKスペシャル2016年11月までの放送予定~宮崎駿ファンは見逃せない(11/13)

 今晩(2016年10月28日)配信した「メルマガ金原No.2613」を転載します。
 なお、「弁護士・金原徹雄のブログ」にも同内容で掲載しています。
 
NHKスペシャル2016年11月までの放送予定~宮崎駿ファンは見逃せない(11/13)

 昨日に続き、いかに短い時間でメルマガ(ブログ)を書くかという見本です。
 昨日は、「前田佳世コンサートを成功させる会」会議のために帰宅が遅くなりましたので、「素材探し」と「関連情報検索」に時間をかけず、思いついたことをそのまま書いていくという方法論でしのぎました(伝えたいことは数あれど~原発事故被害者の住宅支援についての院内集会2つ(10/26)、テレメンタリー「神の海に暮らす~まだ見えぬ原発に揺れる島~」(11/6)ほか/2016年10月27日)。
 
 今日は、和歌山弁護士会の夜間無料法理相談センターの相談担当を務めていましたので、「TVドキュメンタリー番組放送予告」シリーズで行きたいと思います。
 昨日も、テレメンタリー枠で放送予定の「神の海に暮らす~まだ見えぬ原発に揺れる島~」(11月6日など)をご紹介しましたが、今日は、NHKスペシャルの放送予定をまとめてご紹介します。
 
 何しろ、他の番組がせいぜい週に1本のところ、NHKスペシャルは、ほぼその倍くらいのペースで新作を放送しますから、定期的に放送予定をチェックしておかないと、貴重な番組を見逃してしまうことになりますので、時々このメルマガ(ブログ)にもNHKスペシャルの放送予定が登場することになっています(時間のない時の頼みの綱でもあります)。

 以下に、本放送と再放送の両方について、本日(10月28日)現在、「放送予定」のコーナーに掲載されている番組の放送日とタイトルを網羅的にご紹介するとともに、特に私が興味を引かれた番組については、番組案内を引用しておきます。もちろん、その選択が恣意的なものであることは言うまでもありません。
 なお、再放送が予定されている「沖縄 空白の1年 ~“基地の島”はこうして生まれた~」は、一度予告された再放送がキャンセルされ、仕切り直しの予定です。こういうことがあるので、定期的に放送予定をチェックすることが必要となるのです。
 
[本放送(初回放送) 予定]
ジャンル 医療・健康
あなたもなれる“健康長寿” 徹底解明 100歳の世界
総合TV 2016年10月29日(土)午後9時00分~9時59分
 
ジャンル・国際
巨龍中国 1億 大移動 流転する農民工
総合TV 2016年10月30日(日)午後9時00分~9時49分
 
ジャンル・国際
分断社会・アメリカの選択 ~“トランプ現象”の行き着く先は~(仮)
総合TV 2016年11月5日(土)午後9時00分~9時49分
 
ジャンル・災害
廃炉への道2016 
第2回 膨らむコスト ~持続的な仕組みは作れるか~(仮)
総合TV 2016年11月6日(日)午後9時00分~9時54分
メルトダウンした3つの原子炉を同時に「廃炉」にする、世界でも例のない取り組み。その長い道程を記録していくシリーズ「廃炉への道」。
福島第一原子力発電所の事故から5年半が経ち、核燃料の除去など、技術的な困難があらわになる中、もう一つの難題が浮かび上がっている。事故収束に向けた費用が想定以上に膨らみ、現行の仕組みでは持続的にまかなっていくことが極めて難しくなりつつあるのだ。人件費や技術開発費の増大だけではない。住民帰還のための除染のコストや、賠償費の膨張も著しい。またこうした費用をまかなっていく「仕組み」も、壁にぶつかっている。先頃東京電力も、負担の厳しさを訴え、さらなる国の追加支援を求める方針を示した。
こうした「コスト」の問題は、廃炉の方法や住民帰還など政策の根幹に関わる。番組では、廃炉を「コスト」という切り口から徹底検証する。一体どれだけ膨らむのか。その負担は誰がどのように担っていくのか。事故コストの全体像を可視化し、持続可能な「廃炉への道」を考える。」
 
ジャンル・社会
自閉症の君が教えてくれたこと (仮)
総合TV 2016年11月12日(土)午後9時00分~9時49分

 
ジャンル・人物
終わらない人 宮崎駿 (仮)
総合TV 2016年11月13日(日)午後9時00分~9時49分

「3年前、電撃的な引退宣言を行った世界的なアニメーション映画監督・宮崎駿(75)。長編映画の現場から身を引くと宣言した宮崎だが、その創造への意欲は実は衰えていなかった。新進気鋭の若きCGアニメーターとの出会いから、初めてCGを本格的に使い、短編アニメで新たな表現への挑戦を始めた。だが、映画作りは難航し、制作中止の危機に直面する。宮崎アニメ初となるCG短編制作の舞台裏を、カメラが2年にわたって独占取材した。クールジャパンの基幹コンテンツと期待されながら、国際的にはピクサー、ディズニーらのCGアニメに圧倒されている日本のアニメーション。宮崎が世に放つ短編は、日本アニメの未来を変える一手となるのか。番組では、巨匠の溢れ出る映画作りへの想い、苦悩、あがきを生々しく活写していく。」
 
ジャンル・医療・健康
がん治療が変わる! ~プレシジョンメディシンの衝撃~(仮)
総合TV 2016年11月20日(日)午後9時00分~9時49分
 
ジャンル・国際
パナマ文書 知られざる記録 (仮)
総合TV 2016年11月27日(日)午後9時00分~9時49分
 
[再放送 予定]
ジャンル・経済
シリーズ マネー・ワールド 資本主義の未来 第2集
国家VS.超巨大企業 ~富をめぐる攻防~

総合TV 2016年10月26日(水)午前0時10分~0時59分(25日深夜)
 
ジャンル・経済
シリーズ マネー・ワールド 資本主義の未来 第3集
巨大格差 その果てに

総合TV 2016年10月29日(土)午前0時10分~0時59分(28日深夜)

 
ジャンル・国際
ある文民警察官の死 ~カンボジアPKO 23年目の告白~
総合TV 2016年10月30日(日)午後4時50分~5時39分

文化庁芸術祭参加番組
 
ジャンル・歴史・紀行
沖縄 空白の1年 ~“基地の島”はこうして生まれた~
総合TV 2016年11月5日(土)午前0時10分~0時59分(4日深夜)
「1945年8月15日、本土の人々が太平洋戦争の終わりを告げる玉音放送を聞き、悲嘆に暮れる中、沖縄では、人口のおよそ9割が「収容所」に入れられるなど、全く別の「戦後」がはじまろうとしていた。
今回NHKは、アメリカ軍の占領直後―――「1945年6月から1946年にかけて」の映像や、米軍の機密資料、未公開の沖縄の指導者たちの日記等を入手した。資料を詳細にみていくと、この時期、アメリカの占領政策は揺れており、まさに沖縄が「これからどうなるか」が決められていく期間でもあったことが分かってきた。沖縄はこの時期、アメリカでもなく日本でもない、“空白の状態”に置かれながら、次第に「基地の島」へと変貌させられていったのだ。戦後、本土が平和と繁栄を謳歌する一方、その代償として重い負担を背負った沖縄。「空白の1年」を通して、沖縄の戦後の歩みと今を考える。」
 
ジャンル・災害
被曝(ひばく)の森 ~原発事故 5年目の記録~
総合TV 2016年11月8日(火)午前2時00分~2時58分(7日深夜)

文化庁芸術祭参加番組
 
ジャンル・災害
風の電話 ~残された人々の声~
総合TV 2016年11月9日(水)午前1時45分~2時34分(8日深夜)
文化庁芸術祭参加番組
 
ジャンル・宇宙・科学・テクノロジー
ママたちが非常事態!? ~最新科学で迫るニッポンの子育て~
総合TV 2016年11月19日(土)午前1時50分~2時39分(18日深夜)
文化庁芸術祭参加番組
 

(付録)
『世界』 
作詞・作曲:ヒポポ田 演奏:ヒポポフォークゲリラ